Sottoのこと

Sottoについて

Sotto(そっと)

 

イタリア語の「Sotto」は「~(の)下に、土台、~(の)すぐそばに」などの意味を持ちます。「ものづくり」と「人」をつなぐ場所でありたいという思いからSottoが生まれました。

 

誰かのために、、、自分のために、、、つくる。

かたちのベースにあるのがこめられた思い。そんな思いの表現をお手伝いさせていただける場所でありたいと願います。

 

つくるひと、贈られるひと、関わるひと、、、ひとつの「かたち」が多くのひとの「福づくり」につながることを願う我々の思いもこめられています

 

代表 西山雅奈江



イタリアの専門学校の講師資格証


スタッフについて

西山 雅奈江(にしやま かなえ)

 金融機関からアパレル業界に転身。数社のメーカーを経て、1998年フリーランスとなる。2000年~現在、セコリジャパンスクール講師。2006~07年、モデリストとして、イタリア・ミラノにてGIANFRANCO FERRE'のサルトリアで勤務。帰国後、神戸のメーカーに勤務。退職後、2009年、株式会社RenModaStudio設立。

 

ものづくり、服づくりを通して、思いの表現のお手伝いをさせていただきながら一緒に楽しく、ものづくり、福づくりに関わっていきたいと思います。



木村 貞子(きむら さだこ)

 洋裁教室を始めてから20年が経ちました。

ものづくりが大好きでお手伝いすることになりました。

何かを作ってみたい人仲間入りしませんか。

こんな物 作りたい、あんな物できるかなぁ~?

附属品てどこで買うのかしら?

型紙はできるけど、縫い方が分からない、縫い方は分かるけど、型紙を作ってみたい、

もっと、簡単な縫い方はないかしら?など、聞いてみたらなーんだ、出来ちゃった~。

そんな仲間たちと楽しくおしゃべりしながら、より良いものづくりをしてみませんか。



柳田 朱實(やなぎだ あけみ)

 洋裁学校卒業後、輸入布を扱うオーダー店に5年勤務。

その後、パターンメーカーとして神戸のアパレルメーカーに転身。

26年間勤め定年退職後、セコリジャパンスクールの講師を務める。

得意なことは、デザイン、シルエット、バランスをみながら

原型からのパターン展開やドレーピングをすること。

 

技術的な向上を目指している方のパターンメイキングのお悩みの相談を

大いに歓迎いたします。

楽しく、語り合え、問題の解決に向け、自分らしいものづくりをしませんか。



寺薗 友香里(てらぞの ゆかり)

 縫製工場やアパレルメーカーのアトリエで18年程、高級婦人服のサンプル縫製や量産縫製に携わっていました。

 

2015年に独立して自宅に小さなアトリエを構えサンプル縫製、イベント衣裳やオーダーの縫製をやっています。

ちょっとしたコツで綺麗に仕上がるポイントや綺麗に早く縫うコツ等プロのテクニックを、皆さんと一緒に楽しみながら伝えていけたらなぁと思っています。

縫製女子yukari と一緒に服作りを楽しみましょう!



Access map

Sotto 

 〒541-0054 大阪市中央区南本町4-2-20 松尾産業ビル4階

  tel:06-6210-5870  

 

  

 ・御堂筋線本町駅 8番出口 徒歩1分

 ・中央線本町駅  8番出口 徒歩1分

 

 

 

 


<道順のご案内>

  1. 本町駅8番出口の改札を出て、右手階段を上がります
  2. 地上に出ます(御堂筋西側)
  3. 右に折れて、最初の角を右に曲がります
  4. 左手角のビル1階に伊予銀行があります
  5. その隣の黒色系のビルの4階です


いろいろなかたち